私もびっくりしたのですが、40歳を境に人間の
抗酸化力はがくんと落ちてくるんだそう。

40歳あたりからぐっと疲れやすい体になってくるのは
抗酸化力が落ちてきているからとも言われていて

体のメンテナンスを早いうちから始めておくと
長持ち(長生き)の可能性が増します。

40代女子の場合、不妊も卵子の酸化が絡んでいる
といわれていて少しでも多く抗酸化物質を摂取する工夫が
必要なんだそう。

体のメンテナンスには抗酸化がキーワード、ですね。

a0002_008329

抗酸化作用のあるものを食べる

トマトやブロッコリー、さらに玉ねぎなど
野菜には抗酸化作用をもつものが多いそう。

さらにゴマ、緑茶など種類の違うものも取り入れることが
大切です。

適度な運動

血流を上げることは新陳代謝を上げることにつながるので
体の老廃物を外に出す、という点でおすすめ。
たとえば夏の炎天下に戸外でマラソン、というのは
とても疲れるのでやめておくこと。

その時に出した酸化物質が多いほど
体は疲れるわけです。

適度というのが大切な40代です。

体の代謝を正常にする

メタボリックや成人病の予備軍がぼちぼち出てくる年代。
これは代謝が落ちている証拠です。溜め込みすぎて
体外に出す能力が落ちています。

そうなると、食べる量を落とすか代謝を上げるかの
どちらかになります。

食べる量を減らすのは体が持たないので、今ある代謝機能を
アップさせることが大切です。

マウスの実験等でも水素水の飲用があった個体は
血糖値、体重が減少し寿命も延びた、という結果が
出ています。

水素はFGF21という褐色脂肪細胞を刺激して
エネルギー代謝を活発にするといわれるので
水素水を飲み続けると、知らない間になんとなく

ウエストサイズが減っている、という事態が
あり得るわけです。

何をどう食べてダイエットするのか、というのは
40代女子にとって難しいものがあるのですが

自分のボディを水素水で燃焼系にすることなら
手軽にできて健康も手に入りますね。

check 健康に役立てるなら 水素水サーバ 比較の記事

ダイエットに使うなら 水素水   比較の記事

 

follow us in feedly rss