きっとあなたは「最近物忘れがひどくなってきたけれど、私、大丈夫?」
と心配になった方だと思います。

物忘れや仕事のミスは小さいものなら毎日ありますね。
だんだん脳のキャパシティが小さくなってきて

ちょっとしたことに混乱しやすくなってきました。

ぼーっとすることも。今までにはなかった自覚が更なる
心配を呼び起こしますね。

他人に言うのもなんだか気が引けるし、自分だけが悩んでいるようで
つらくないですか?

そんな時、40代女子の脳内はどんな変化があっているのでしょうか?

a0001_011487

1日5万の細胞が死んでいる

マジ?という感じでショックですが、自分の記憶力減退はある程度
しょうがないのかもしれません。一日5万個以上の脳細胞が
死滅しているからです。

更年期障害で物忘れ

信じられません。更年期障害で物忘れが発生することもあるんだそう。
ホルモンの影響で集中力や記憶力が減退するのだそう。これが意外に
一般的なことなんだそう。

それだけ物忘れとホルモンの関係は深いわけです。

好奇心がなくなる

記憶に残りやすい、という事柄は本人に好奇心があったことが
多いそうです。面白いとか不思議なことだとか、印象に残ったこと程
忘れにくい。

いろんなことがルーティーンワーク化してしまった結果
重要度が下がったうえにさして興味もなく

忘れてしまった、といった感じでしょうか。

なるべく健康でいられるために

面白いお話なのですが、何かを表現する方はたとえ
アルツハイマーの病変が脳内にあっても

発病しにくいんだそうです。

つまり何もないところから作り出す作業、絵をかいたり
文章を書いたり、書道をしたり。
そんな表現する、という作業が得意な方ほど
脳が老化しにくいということでした。

今、何か自分で作り出す。能動的な行動と残った作品が
自分に満足を与え、さらにやる気を引き出します。

ここら辺は面白い。習慣にしてきたことにさらに加えて
創造する喜びを日常生活の中に持つことが、物忘れに対して
とても効果がありそうですね。

脳の健康を保つためには水素水がおすすめ。

check水素水比較 の記事まで

 

 

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly rss