体を若く保つためにはビタミン A C E を摂ると抗酸化作用が
高まるので、サプリメントとして摂取されている方も多いと思います。

このビタミン類はしっかりと細胞を活性酸素から守る活動を
していますが

実は、守れる範囲は限定的なのです。

細胞一つ一つまで入り込めない。臓器までは届いたとしても
その一つ一つの細胞の中心にまで抗酸化作用は届きにくいんだそうです。

病気の予防や健康の増進などを目的に、ビタミンを摂取するなら
水素も是非一緒に摂るのをおススメしたいと思います。

水素は分子の大きさが小さい

水素は分子の大きさが小さく、細胞を容易に通り抜けることができる。
気になる部分までしっかりと届く形状をしています。
ビタミン類が細胞内まで届くのに比べると、水素は
細胞内のミトコンドリアや核の中にまで入り込めるのが魅力なのです。
部屋の四隅の掃除までしっかりやれるよ、というのが水素のいいところですね。

a0013_000008

水素はビタミン類の補助をする

ビタミンは抗酸化のために使われた後、自身は酸化してしまい使い物に
ならなくなります。その酸化ビタミンを元気づけ、また元の抗酸化作用を
取り戻すような働きがあるそう。

水素自体も抗酸化作用を持っている

水素自体が抗酸化作用の強いものです。また活性酸素のみを選んで
攻撃するので必要なものに害は与えない。悪いものだけ接触するんです。

まとめ

  • 水素は抗酸化を体の隅々で行うことができる
  • ほかの栄養素も還元してしまう
  • 他人を治しつつ、自分も抗酸化成分として働く

今までのビタミン摂取をさらに効率的にする水素水は

check水素水サーバーランキング でご確認を。

タブレットを摂取するときはぜひ水素水で。

follow us in feedly rss