水素風呂スパーレの水素濃度はどれくらい?

水素風呂スパーレは本当に水素を発生できているのか?
ということで公式サイトを調べてみました。

普通のお風呂の大きさだと200Lの水が入るのですが
それで0.113ppmだそうです。しかしスパーレの水素発生口の
周りは1.6ppmの水素が発生しているとのこと。

お風呂に入れたら、スパーレをからのそばに置いて
体の部分から水素を吸収させるのが確実です。

水素風呂スパーレ 細かな泡が水素です

細かい泡が出てくるスパーレ。これが水素なので
泡が出ていればいるほど、水素が発生していることに
なります。

水素の分子は小さいので、発生器があれば
どんどん吸収できそう。一台あれば
家族で使えるところがいいんです。

水素風呂の濃度はスパーレでいいと思う

体の近い場所にスパーレを置いて入浴するのが
一番確実、といわれるので、水素風呂発生装置周りに
飽和水素水ができるなら、スパーレで十分だと。

200Lの飽和水素水をお風呂場で作るのは、かなり
無理があります。なので高濃度の水素風呂に入りたければ
専用の施設で本格的に始めるべきです。

ただ

水素水を飲んで健康に役立てたり、水素を美容に利用したり
体調を整えたりする分に使う家庭用、となると
スパーレの性能で満足すると思います。
お風呂用水素発生器スパーレ

 

今ある水素風呂の医療用は
首藤クリニック
完全予約制ですね。数百リットルの高濃度水素水を
その場で生成できるマシンがあるそうです。
高畑淳子さんが実践しているとTV放送がありましたね。
こちらの病院です。
 

 

 

 

follow us in feedly rss