水素水は用途によって使い分け

自分が水素水を何に使いたいのか、ということで
水素水も使い分けることが大切。

大きく分けて

  • アルミパウチ
  • ペットボトルにスティックを入れて作る
  • 水素水生成器(卓上や据え置きタイプ)

などだと思っています。

アルミパウチ 高濃度水素水ならトラストウォーター

アルミタイプの高濃度水素水なら
トラストウォーターがおススメ。

数ある水素水の中でも濃度がダントツの3.0ppm。
飲む直前まで水素濃度が飽和状態で残存する可能性が
高いと思っています。たくさん入っているからです。

高濃度水素水トラストウォーター

 

ペットボトルに入れるなら水素水7.0ppm

ペットボトルの水をあっという間に高濃度水素水に
変えてしますのが水素水7.0ppmです。

戸外で高濃度の水素水を時間をかけずに作って
その場で飲むなら水素水7.0ppmが便利です。

重さがない分、どこでも負担なく持っていける。
さらにペットボトルの水なら手に入りやすいし
飲みたいときにコンビニで購入すると
あとはスティックを刺しておくだけで十分な水素量が
含まれる高濃度水素水が出来上がります。

驚異の7.0PPM!水素量で選ぶなら「aquela」

私があこがれるのは水素水生成器ルルドです

ルルドは水素水生成器の中でも1.1ppmを12時間保持できる
能力が特徴です。いくら高濃度でも保持できないと、ね。
という方にはいちおしです。

価格はですね、やっぱりあこがれということで
16万弱かかってくるかと思いますが

そのぶん、満足感の大きい水素水生成器になると
思います。濃度、保持時間、能力など
16万と比較しても十分 元の採れる水素水サーバです。

2016年6月に水素水生成器ルルドは生まれ
変わる予定。リニューアルしたルルドは
また、ご紹介いたします。こうご期待。

follow us in feedly rss