水素水7.0ppmの作り方。スターターキットの内容って?

水素水7.0ppmのスターターキットには

超過飽和水素発生剤30包
専用耐圧ペットボトル2個
スポイト2個
溶存水素濃度判定試薬1個
カプセル2個
キャップ2個

が入っています。30包なら一か月分が目安なのかな
と思いますがペットボトルは2個ありますね。

また、ペットボトルや発生剤も単品売りだったり
定期購入ができたりするようで

長期使用するのも問題ないと思います。

水素水7.0ppmの作り方

ペットボトルに水をいれる。

水素発生容器に
溶剤を入れスポイトで水をたらします。

水素発生容器をペットボトルの水の中に入れ
キャップを閉じてしばらく置く。

水素が充満してきたら容器を振って
混ざってきたら飲む。

という流れです。

水素の発生するのが目で確認できる点が
安心感ができます。あのですね、これは泡が出てくるほどの
濃度で、炭酸水みたいな感じでぶくぶくするのがすごいですね。

高濃度水素水の口コミと効果を調べてみた

ペットボトルの水素水は水素が抜けるという発想は
ちょっと置いておいた方がいいと思います。

アルミパウチの水素水と比較しても
これは引けを取らないかもしれません。実際に水素が
発生しているところを目視で確認できるからです。

さらにですね

水素水7.0ppmには水素濃度判定試薬がついているので
きちんとした水素水を飲んでいるかどうかが

自分の目で確認できます。

アルミパウチ型の水素水ではできなかったことです。
発生していることを目視で確認した上に
試薬でも確認できるのは、水素濃度が確実に
わかります。

口コミでは「信号を走って渡れた」

「楽になった。元気になった」

ということが映像で言われていました。
これは水素水を飲んでくるとわかると思います。

アキュエラ7.0とは?濃度が高い水素水です

その場で水素が発生していることを確認できて
さらに判定試薬がついていて濃度もわかる。

ほかの携帯水素発生器に比べて、簡単な作りですが
熟考されています。

個人的な意見ですが水素発生剤が
ペットボトルの水に触れない、という点は
魅力が大きいです。

驚異の7.0PPM!水素量で選ぶなら「aquela」

follow us in feedly rss