水素水スティック マグネシウム

マグネシウムの筒をペットボトルに入れて2時間。
そうすると水素水ができます。

とても手軽なのですが、できた水素水の中に
水酸化マグネシウムも入っていることが少し気がかり。

水素も発生にムラがあるということで
気づかないうちにスティックからは水素が作られなく
なっていることもあり得る感じはします。

継続して飲もうとすると、マグネシウム棒の購入が
かなり響いてきます。

水素水スティック 金属棒

ということで最近、金属の棒に電流を流して
電気分解で水素を作ろうという器具も発売されています。

こちらのほうは水を電気分解するので
マグネシウムのような金属は入り込まないと
いわれています。

水素水 エニティH2

金属の棒は劣化していくので、4000回使用したら
交換が必要だそう。あとは電池を交換します。

電極の交換費用が送料込みで15000円だそうなので
メーカーのほうに送付して交換するそう。電極なので
大丈夫だと思っていましたが

交換なんですね。でもおいしい水素水を飲むための
メンテナンスと考えると、コストとしては仕方ないか。

大人気、エニティH2はこちらから
簡単水素水!エニティエイチツー

 

follow us in feedly rss