水素水 作り方

水素水を生成するときに心配になってくるのは
どういう作り方で水素を供給しているのか、です。

水素水を長く続けていくなら体に害がないもので
続けていくべきです。

水素は水を電気分解してできる方法がとられているもので
さらに電気分解する水と飲む水は
別にしておいたほうがより安全だと思います。

分離生成方式、が安心かと。
長期的に考えるとそうなりますね。

ただ、飲料水を直接電気分解してもアルカリ性に
傾かないなら胃腸障害は防げる、といわれています。

水素ガス注入方式の水素水生成器は
水素水サーバーラブリエ

20000ppmハイブリッドH2サーバー

水素水の濃度はどれくらいなのか

最低でも1.0ppmはほしいところです。
それ以上でもあまり変化はないとのことですが

濃度が1.0ppm以上あれば安心。
さらにバブリング式のほうが水素を長く保持できる
そうなので安定感はあります。

たとえば外出先で飲みたい場合など
おうちで水素水を作ってアルミパウチ容器に入れて
12時間ほどは水素が持つ、ということだとか。

うまく水素を使って健康的な生活を
送ってみたいと思います。

飽和水素水を作るまでの時間

意外に長くかかる飽和水素水を作るまでの時間。
お湯を沸かすくらいの時間なら我慢もできそうですね。

10分くらいまでかな、最長。
それ以上は前日に仕込んでおかないとちょっと厳しい。

いざ水素水生成器を購入するとなると
やっぱりいろんなことを勉強してやるべきだと
思っています。

すぐに飲める水素水生成器は
20000ppmハイブリッドH2サーバー

follow us in feedly rss